茨城県地質調査業協会について

協会のあゆみ

第32回通常総会 茨城県地質調査業協会は、地質調査業務の経営近代化の促進と技術の向上に関する研究、社会的使命の高揚と宣伝など情報収集、会員等に対する指導や広報活動などを通じて関連産業並びに地域振興に寄与することを目的として昭和60年4月に設立され、本年は第32回通常総会を開催することができました。

当協会は、設立準備段階から関東地質調査業協会のご指導・ご協力をいただき全国地質調査業協会連合会・関東地質調査業協会・茨城県支部として発足いたしました。

技術者等の参加による、技術力の向上と地域のニーズに的確に対応しうる技術者の育成と、豊かな郷土つくりに貢献することを目的に発足した「いばらき建設技術研究会(現 土木学会関東支部茨城会)」の活動に賛助会員として参加しております。

また、平成13年からは毎年茨城県建設業協会主催の「建設フェスタ」に共催参加し「地域貢献」及び開催趣旨の「未来を担う子供たちに建設業の魅力を伝える」ための活動を企画運営しております。

そして平成24年には、茨城県との間で「災害時における災害応急対策の支援に関する協定」を締結いたしました。これは未曾有の災害であった「東日本大震災」に対する協会の復興協力が、地域貢献として発注機関の方々により一層認知された結果、締結となったものと思っております。また「東日本大震災」以降の茨城県土木部主催の防災訓練には、協会加盟各社が毎年積極的に参加しております。

会員数は、当初31社(県内本社会員3社、支店・営業所会員28社)でしたが、各社の退会・加盟もあり現在は設立当初より6社少ない25社(県内本社会員8社、支店・営業所会員17社)となっております。
近年は東日本大震災からの復興に伴う事業量の増加もあり会員数も増加の傾向にありますが復興事業が落ち着きつつある中で我々を取り巻く環境の変化に合わせ協会の認知度を一層上げるために新たな活動を模索しているのが現状です。

その例としては現状の活動に加え、前述の災害協定締結による防災訓練への参加や後述します発注機関の技術力向上を目的とした「地質調査に関する技術講習会」の開催を行っております。

協会概要

名称
茨城県地質調査業協会
所在地
〒311-4164 茨城県水戸市谷津町1-23
茨城県測量設計会館内
連絡先
TEL:029-257-6517 FAX:029-257-6518